にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 車ブログへ 新タブログイド 2005年05月
新タブログイド
Haneumaのローカル日記・記事・撮影写真など
写真素材 PIXTA

プロフィール

Haneuma

  • Author:Haneuma
  • フリーカメラマンとして働いている39歳。
    インタビューカット、メニュー料理写真、企業取材ほか何でもこなします。

    趣味はモータースポーツ観戦。特にF1大好き(特にフェラーリ好き)。
    音楽ではモトリークルーとか、AC/DCとか、GUNS'N'ROSESとか、ちょっと前のハードロックが好きです。
    邦楽アーティストならB'z好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しそ入り餃子
_MG_1010.jpg

ミクシイの料理コミュニティの次のお題が餃子だったので作ってみました。

『しそ入り餃子』

分かってます、焼き過ぎだってこと。
ハッキリ言って失敗作です。

でも一応UPしちゃいました。

◎材料
・豚挽肉
・しその葉
・キャベツ
・白菜
・長ネギ
・れんこん
・にんにく
・しょうが
・酒
・塩
・コショー
・砂糖
・ごま油
・片栗粉
・餃子の皮

そんな感じ。
よりシャキシャキ感を出すために、れんこんをみじん切りにして入れてみました。

※本当は、具の中にスープを入れようとしたんだけど、ちょっと失敗してしまった(スープが凍ってしまった。でも少し入れてみたけど)。

焼き方を失敗したので、表面は焦げるし、周辺の色は悪いし、ダメダメですな(笑)。

写真も中の部分を撮ってみたんだけど、ストロボが今回1個しかなかったのと(クリップオン1灯のみ)、レリーズも持って帰ってこなかったので、手前に2枚のレフを押さえつつ、シャッターボタンも押してと、相当撮るのに苦労した(この機材で1人ではこれが限界?)。

まあいいや、今回作った分まだ半分残ってるし、冷凍してあるのでまた再チャレンジします。
_MG_1016.jpg


スポンサーサイト
肉じゃが作りました
_MG_1005.jpg


ありきたりな料理だけど、昨日の晩、肉じゃが作りました。

◎材料
・牛肉
・じゃがいも
・人参
・玉ネギ
・きぬさや
・ごま油
・酒
・砂糖
・みりん
・醤油
・ダシ汁
・水

簡単なので、必要ないかもしれないけど、一応作り方書くと
ごま油を入れて温めた鍋に肉ときぬさや以外の野菜を入れて炒める。
その鍋に水を入れ、酒、砂糖、みりん、ダシ汁、醤油を入れ、落とし蓋をして煮る。
途中、さらに醤油、みりんを加えて煮込み、煮上がったら、軽く茹でてあったきぬさやを(カットして)上に乗せて完成。

今回も、この間の麻婆茄子と同じライティングで撮ってみました。上には今回、和食のメニューなので日本酒を置いてみました。
下が白いとレフ代わりにもなるので、全体が明る目になっていい感じになるね。
どうでしょ、美味しそうです?

F1ヨーロッパGP決勝
45714.jpg


45717.jpg



F1ヨーロッパGP決勝が終了。
全59周の結果は以下の通り(フィジケラのストールによりEX.フォーメイションラップを行ったため、1周減算)

1 F.アロンソ(Renault)
2 N.ハイドフェルド(Williams)
3 R.バリチェロ(Ferrari)
4 D.クルサード(Redbull)
5 M.シューマッハー(Ferrari)
6 G.フィジケラ(Renault)
7 J-P.モントーヤ(Mclaren)
8 J.トゥルーリ(TOYOTA)
9 V.リウッツィ(Redbull)
10 J.バトン(BAR)
11 K.ライコネン(Mclaren) ※DNF
12 佐藤琢磨(BAR) ※1Lap
13 J.ビルヌーブ(Sauber) ※1Lap
14 F.マッサ(Sauber) ※1Lap
15 T.モンテイロ(Jordan) ※1LAp
16 N.カーティケヤン(Jordan) ※1Lap
17 C.アルバース(Minardi) ※2Lap
18 P.フリーザッハー(Minardi) ※3Lap
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リタイア
  R.シューマッハー(TOYOTA) 33周
  M.ウエーバー(Williams) 0周


劇的なドラマはファイナルラップで起こった。
トップを走るライコネンのマシンの右サスペンションが突然壊れ、グラベルにコースアウト! ライコネンはその前から右フロントタイヤにフラットスポットを作っており(ブレーキかもしくはダウンシフトが利かないかのトラブルにより作った模様。レース中、コースアウトも演じてしまった)、その影響でレース終盤ひどいバイブレーションに悩まされていた。その激しい振動に耐え切れず、不運にも最終ラップでサスペンションが破損してしまった。

喜んだのは2位を走行中のアロンソ。ファイナルラップの逆転劇で今季4勝目。今回はややラッキーという感はあるが、終盤のかなりのプッシュによりライコネンを追い込んだことによって、ライコネンのマシンが終わってしまったとも考えられ、やはり殊勲賞と言えるだろう。今回はリアタイヤも問題はなかった。
(※余談だが、前回、ソフトを選んだと思われたが、あれはハードの中のやや柔らかめのタイヤだったらしい。因みにそれを選んだのはルノーのみ。終盤、テールランプが点滅していたのは、トラクションのかけ方をウエットセッティングにしたためで、無駄なホイールスピンをさせないで、タイヤの減りを抑えたのだとか)

2位には前回に続いてまたしてもハイドフェルド。スタートで出遅れ、ポール・トゥ・ウィンはならなかったが、地元ドイツで堂々の2位。1stスティントを短くした3ストップも功を奏し、この結果を得た。僚友のウエーバーが接触により1コーナーでリタイアという結果に終わってるので(これもスタートで出遅れたのが原因か)、これではどちらがナンバー1かという感じ(個人的にはウエーバーよりハイドフェルドが活躍してくれるほうが嬉しい)。


3位は今季、開幕戦以来の表彰台となるバリチェロ。バリチェロもハイドフェルドと同じ3ストップを選んだが、結局表彰台には届かなかった。ただ、レースペースはそこそこ良く、フェラーリが完全にダメだという感はない。
同じくフェラーリのシューマッハーは今回5位。今回も予選であまり振るわず(重かったのもあるが)、さらにスタートの混乱に巻き込まれ、14位まで落ちたのが痛かった。そこから追い上げて5位というのはまずまずだが、フェラーリの彼がこのリザルトではチームもファンも満足しない。レースペースは前半はまずまず良かったが、終盤はあまり振るわず、コースオフも演じた。今回はあまり良い調子だとは言えなかった(本人も、コースオフがなくても、クルサードは捉えられなかっただろうと認めている)。

4位のクルサードは凄かった。予選12位からスタートで一気に4位までジャンプアップ! スタートの混乱を上手く抜けこのポジションを得た(彼はここ数年、何度かアクシデントが起きていたので、スタートの1コーナーではイン側を通ると決めていたのだという。この辺はやはり経験がモノをいった)。ただ、ピットレーンでスピード違反を犯したのは彼のミス。スピードリミッターボタンをほんのわずか早く離したために違反を犯してしまったとのこと。あれがなければ3位も狙えたかもしれない。

今回から復帰のBAR勢は、バトン10位、琢磨12位とノーポイント。2台ともかなりの燃料を積んでの作戦だったが、それが響いて序盤ペースが上がらず、バトンはコース上で次々と抜かれてしまい、2ストップだったが、結果は10位(ライコネンのトラブルの際、間一髪でヒットしなかったのはラッキーだったが)。琢磨はスタートで一旦は順位を上げたが、やはりスタートの混乱に巻き込まれて1周目にノーズ交換をしたのが痛かった。

トヨタ勢はトゥルーリがまず、スタートでエンジンがなかなかかからず、クルーがフォーメイションラップ前に退去できなかったためにドライブスルーペナルティを受け、それが祟って順位を大幅に落とした。レース中も重かったためもあるだろうが、それほどペースも良くなく、坦々としたレースをすることに。ただ、8位1ポイントを獲れたのは幸い(これもライコネンがリタイアしなければ獲れなかったのだが)。
一方、ラルフはスタートでアクシデントに巻き込まれ、ノーズ交換のためにピットインして戦線離脱。その後も走り続けたが、終盤のターン6で縁石に乗り上げてしまい、コースアウト。それでリタイアとなってしまった。
特にマシンの何が悪いということはないと思うのだが、2戦続けてトヨタには苦いGPとなった。

今回のアロンソの勝利により、彼はポイントを59に伸ばし、ますます独走状態に近い展開。ライコネンがノーポイント、トゥルーリが1ポイントを得たことで、2人が並んで同率2位。2戦続けて8ポイントゲットのハイドフェルドが3位に浮上してきた。今回4ポイントゲットのミハエル・シューマッハーは16点でまだ8位。ここからアロンソを追うのはかなり苦しい状況と言わざるをえないだろう。

次からはアメリカ大陸の2連戦。まずはモントリオールでのレース。ここはストップアンドゴーサーキットだが、追い抜きポイントもあるので、見応えのあるレースが展開されるかも。また、ブレーキにキツいサーキットでもあるので、それがどうタイヤに影響を及ぼすのかも気になるところ。マクラーレンは相変わらず速そうだし、コーナー出口のトラクション性能に長けたルノーも手ごわいだろう。フェラーリは…例年ここは強いのだが、今年はどうか? BARはコーナー立ち上がりでホンダパワーを見せたいところだ。

次は6月12日、カナダGP。
[READ MORE...]
F1ヨーロッパGP予選
web_big.jpg


F1ヨーロッパGPが開幕。
今回から予選フォーマットが変更になり、土曜1回のみに。
出走は前回のリザルトの逆順に行い、それぞれ1アタックのみ。
予選後マシンはパルクフェルメに保管、決勝も予選時のタイヤを使用、決勝前の燃料補給は禁止というのはこれまでの日曜予選と同じ。


ウイリアムズのハイドフェルドが地元ドイツでF1初ポールを獲得! 2位はマクラーレンのライコネン。3位にウイリアムズのウエーバー。

ハイドフェルドはただ一人31秒台の壁を破る1分30秒615でトップ。彼はミスなくラップをこなし、このタイムを出したが、もしかして若干軽いのかも。また、走行中にフロントが跳ねるのが気になった。レースペースではどうか。コンスタントにいいラップが刻めるかが鍵になると思う。

同じくウエーバーも軽いかも。こちらもハイドフェルト同様、かなりマシンが跳ねていた。シケインでの挙動もハイドフェルドに比べてイマイチだった。しかしこのタイム。果たして決勝はどうなるか。

2位のライコネンはウイリアムズ勢よりは積んでいる予想。ポールを獲れなかったはそのせいか。マシンはそれほど悪くなさそうだが、重いせいか、若干グリップが足りなさそうだった。

4位はトヨタのトゥルーリ。今回もかなりダウンフォースがありそうなトヨタのマシン。燃料もおそらく積んでいるだろうが、4位のタイムをマーク。決勝も手堅くいきそうな予感。

5位にマクラーレンのモントーヤ。高速シケインでミスがあり、このタイム。ミスがなければ、ライコネンと近いタイムだったか。決勝はライコネンと近い作戦でこちらも重めか。

6位にルノーのアロンソ。これまでの活躍からすると、やや意外なグリッド。やはりこの辺が2回予選と1回予選の違いか。マシンがボトミングするという印象もあったので、マシンが決まっていない可能性も。また、こちらもやや燃料を積んでいる感があり。さらに、前回のモナコでトラクションをかけすぎたことによりリアタイヤの摩耗が激しかったというのがあったので、決勝に向け若干アクセルオンのトラクションを減らしたのかもしれない。

フェラーリ勢は、バリチェロ7位、シューマッハー10位と今回も苦しい順位。シューマッハーはバリチェロよりも悪いタイムだったが、バリチェロよりも重いからか。しかし、相変わらずレースでは良いタイムを刻めるだろうと話していたし、予選アタック終了後にそれほどシューマッハーは悪い表情をしていなかったので、意外に楽観視してるのかも。決勝に期待。

今回から復活のBAR勢は、バトン13位、琢磨16位。二人は今回、出走順位が1番手、2番手だったので、それが響いたと思う。
決勝はこの順位からだとかなり苦しそうだが、今回は完走を目指して次回からの巻き返しに期待したい。

なんか今回のニュルは相当暑いらしい。これはミシュラン、ブリヂストン両陣営ともタイヤには相当厳しいかも。
その辺が決勝に影響しそうな予感。果たして決勝はどうなるか…?




麻婆茄子
_MG_0983.jpg

昨日の晩飯です。

◎材料
・茄子
・豚挽肉
・ピーマン
・パプリカ
・にんじん
・にんにく
・しょうが
・鷹の爪
・豆板醤
・甜面醤
・豆鼓醤
・ホタテ貝柱スープ
・がらスープ
・中華あじ
・塩
・コショウ
・砂糖
・酒
・紹興酒
・オイスターソース
・黒酢

前回の麻婆豆腐で余った挽肉と、カレーを作った時に買っておいた茄子を使いたくて作りました。
写真には乗ってないけど、食べる時はまたまた山椒をかけて…やっぱり中華に山椒は合うね。

今回は下にちょっと布を敷いて明るめに撮ってみました。
ビールを後ろにおいてビールのコマーシャルフォト風?。

F1モナコGP決勝
45090.jpg


伝統の一戦、F1モナコGPが終了。

全78周の決勝の結果は以下の通り。
1 K.ライコネン(Mclaren)78周
2 N.ハイドフェルド(Williams)
3 M.ウェーバー(Williams)
4 F.アロンソ(Renault)
5 J.モントーヤ(Mclaren)
6 R.シューマッハー(TOYOTA)
7 M.シューマッハーFerrari)
8 R.バリチェロ(Ferrari)
9 F.マッサ(Sauber) ※1LAP
10 J.トゥルーリ(TOYOTA) ※1LAP
11 J.ビルヌーブ(Sauber)※1LAP
12 G.フィジケラ(Renault) ※1LAP
13 T.モンテイロ(Jordan) ※3LAPS
14 C.アルバース(Minardi) ※5LAPS
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リタイア
  V.リウッツィ レッドブル(Redbull) 59周
 P.フリーザッハー(Minardi)29周
 D.クルサード(Redbull)23周
 N.カーティケヤン(Jordan)18周


ポールスタートのライコネンがスペインに続き2連勝! スタートからグイグイと後続を引き離し、結局一度も首位を譲ることのない完璧な勝利。

2位と3位にはハイドフェルドとウエーバーのウイリアムズ勢。ソフトタイヤを選び、リアタイヤの磨耗に苦しむアロンソに対し、ハードをチョイスした彼らはタイヤには全く問題なし。その利点を活かして挑んだ終盤のアロンソとのバトルは本当に見応えがあった。
ハイドフェルドはマレーシアの3位を上回る2位。ウエーバーはF1初の表彰台の3位。正直、今回ウイリアムズがここまでやるとは思わなかった(特にウエーバーは予選終了時にあまり期待していないと書いてしまった。失礼)。

アロンソとフェジケラのルノー勢は4位と12位。ソフトを選んだ彼らのタイヤ選択は今回完全に失敗。終盤リアタイヤが全く機能せず、アロンソは何とか凌いで4位に食い込んだが、61周目まで5位を走行していたフィジケラは結局12位。二人ともタイヤがもたなくて抜かれてしまった格好。
ルノーはイモラでも終盤タイムが上がらなかったし、前回スペインでも左リアタイヤにトラブルを抱えていた。実は今年のルノーR25はリアタイヤに厳しいマシンなのか? 
しかしアルバースのスピンで、途中セーフティーカーが入ったとはいえ、ルノーは25周目にピットに入ってからその後の53周をノンストップで走りきった(アロンソに燃料セーブのためピットから「1秒遅く走れ」という指示は面白かったが)。フェラーリ同様、凄いタンク容量! しかも恐らくスタート時もフルタンクに近い状態で走っていたと思われるので、予選でのあの速さはフルタンクで走っていたことに! フェラーリもフルタンクで走って8位のタイムだったので、やはり今年のルノーR25はフェラーリよりも速いマシンなのか(今回はフェラーリのバランスが上手く決まってなかったことを差し引かなければならないが)。同様にライコネンも42周目までピットインを引っ張ったので、こちらもおそらくフルタンク。これは間違いなく速い。

フェラーリ勢は今回も散々な結果。モナコのようなコースでは特にそうだが、やはり予選時で一発の速さが出せないのは苦しい。
しかもアルバースのスピン時にシューマッハーはクルサードと接触し、ノーズ交換のために順位を落とし、バリチェロもピットイン時にストールした上に、ピットロード速度違反により(これは自分がいけないのかもしれないが)ペナルティでこちらも無駄に順位を落とす事に。それでも7位と8位でポイントを獲得出来たのは良しとすべきか。
しかし、シューマッハーは40周目に1分15秒842というファステストを出しており(これは優勝したライコネンの1分15秒921と遜色ないタイム)、やはりレースでのスピードはある。とにかく予選で前に出て、このレースペースのいいところを活かしたいところだ。
※しかし、2度目のピットアウト時にシューマッハーがイエローラインを明らかに踏んでいたのに、何のお咎めもなし。どうもスチュワードの裁定は公平でない。

トヨタは今回はイマイチの結果。トゥルーリが63周目のローズヘアピンでペースのあがらないフィジケラをズバッと抜いたのは素晴らしかったが、その際に縁石に乗り上げすぎてマシンバランスを崩し、結局その後抜かれ、ラップ遅れの10位。ラルフの6位は素晴らしかったが、予選でクラッシュしたのが痛かった。今回はタイヤ選択のミスによるトラブルもあったし、あまりツイているとはいえなかった。

レッドブルは今回、2台ともリタイア。連続ポイントも遂にここで途絶えてしまった。シューマッハーに追突されてリタイアしたクルサードは仕方ないにせよ、リウッツィは終盤タイヤが苦しかったというのもあるが、結局の原因はトンネル出口でタイヤを壁にヒットさせてしまったことによるリタイア。シューマッハーに追われていてプレッシャーを感じたのだろうか。これは恐らく次はクリエンにシートをとって代わられると思う。
※余談だが、今回は『スター・ウォーズ』がスポンサーとして付いていたので、ピットクルーがストームトルーパー風ヘルメットを被っていたのはちょっと笑った。
しかし、2台ともいいところなしでリタイアとは、フォースもモナコの女神には通じなかった!?

さて、これでライコネンは27ポイントでドライバーズランキング2位に浮上。1位アロンソは49ポイントとまだだいぶ先にいるが、でも追いつけない数字ではない(因みにトゥルーリもライコネンとは1ポイント差)。シューマッハー(Ferrari)は現在12ポイント。これは今後、絶対に負けられないが、果たしてどうなるか。
次戦はシューマッハーの地元にも近いニュルブルクリンク。背水の陣のフェラーリは必勝体制で臨むだろう。メルセデスのお膝元でもあるので、マクラーレンもまたまた力を入れてくるはず。ルノーもやはり侮れないだろう。そしていよいよBARが復帰してくる。彼らも今回の出場停止の悔しさをバネに、相当な力を入れてやってくるはずだ。これはまたまた見逃せない一戦になりそうだ。

次回は来週5月29日、ヨーロッパGP。
F1モナコGP予選
F1モナコGPの予選が終了。

1 K.ライコネン(Mclaren)
2 F.アロンソ(Renault)
3 M.ウエーバー(Williams)
4 G.フィジケラ(Renault)
5 J.トゥルーリ(TOYOTA)
6 N.ハイドフェルド(williams)
7 D.クルサード(Redbull)
8 M.シューマッハー(Ferrari)
9 J.ビルヌーブ(Sauber)
10 R.バリチェロ(Ferrari)
11 F.マッサ(Sauber)
12 V.リウッツィ(Redbull)
13 P.フリーザッハー(Minardi)
14 C.アルバース(Minardi)
15 T.モンテイロ (TOYOTA)
16 N.カーティケイヤン (TOYOTA)
17 F-P.モントーヤ (Mclaren)
18 R.シューマッハー(TOYOTA)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ライコネンが3戦連続ポールを獲得!
2番手にアロンソ。
ライコネンとアロンソは本当に速い! 恐らくタンクも重いだろうにこのタイム。トンネル抜けた後のシケインのバランスも良さそうだった。
決勝はこの2人のマッチレースになるか?

3位はウエーバー。ウエーバーも重そうなので、そこそこマシンは決まってるのだろうが、この人は予選番長的ところがあるので、個人的には決勝では期待していない。

シューマッハーは8位。フェラーリは今回もバランス悪し。BSの一発の速さがないのは相変わらずだが、それ以前にマシンが決まってない様子。決勝では恐らく50周近くまで走れそうなので、他のマシン次第ではもう少し上位に行けそうだが、他チームも相当燃料積んでそうなので、それも苦しいか。でもそれでも若干の燃料タンクのアドバンテージがあることに期待して…シューマッハー頑張れ!

去年ウイナーのトゥルーリは5位。昨日の1回目のタイムが若干響いたか。でも今回もダウンフォースはかなり付けてきているし、コンスタントに走れば今回も上位進出は可能だろう。同じくトヨタのラルフは1回目のクラッシュによりTカーに乗り換えたため今回はノータイム。

モントーヤはなんかラルフにフリー走行中に何かされたらしく、その仕返しにFP4でブレーキテストを敢行。それによりラルフ、クルサード、ジャックを巻き込むクラッシュを引き起こしたということで、ペナルティで最後尾スタート。
まあラルフが何をしたのか分からないが、自業自得。

まもなく決勝がスタート。
何か面白い展開になってくれないかなぁ…。

キャベツ入り中華丼
_MG_0971.jpg

mixiのコミュニティ用に作りました。

また中華かよ!って言われそうだが(え、誰も言わない?)、また作ったっていいじゃないか。得意なんだもの(←みつお?)。

◎材料
・豚肉
・キャベツ
・にんじん
・パプリカ
・ゆでたまご
・ほうれん草
・しいたけ
・きぬさや
・小エビ
・にんにく
・塩
・コショー
・酒
・中華あじ
・がらスープ
・ホタテ貝柱スープ
・ごま油
・片栗粉

中華丼といえば白菜だと思うが、家になかったので、キャベツで代用。あと、たけのことかもなかったので、とにかく家にあった野菜で作りました。エビもちっちゃいけど、これしかなかったので。

細かい作り方は、肉と野菜を炒めてスープと絡めるだけなので省略(肉とエビは下処理したけど)。

仕上がりは…イマイチかな。色も悪いし。まあ有り合わせで作ったのと、最初写真撮るつもりなかったので。
いつか材料もしっかり揃えてまた作ってみます。

今回は、撮り方ちょっと工夫しました。後ろを飛ばすようなハイキーぎみにして逆光で撮ってみました。

下手な料理もなんとか旨そうに見える…かな?
麻婆豆腐
_MG_0787.jpg

俺って本当、中華よく作るよなあと思いつつも
昨日の晩、作りました。

◎材料
・もめん豆腐
・豚挽肉
・しょうが
・ニンニク
・長ネギ
・豆板醤
・甜面醤
・豆豉醤
・味噌
・砂糖
・塩
・醤油
・コショー
・がらスープ
・中華だし
・ごま油
・片栗粉
・山椒

◎作り方
熱した中華鍋に油をひき、豚挽肉、すりおろしたしょうが、ニンニクを炒める。
豆板醤、豆豉醤を入れて軽く炒め、水を入れた後、さらに味噌、塩、コショー、砂糖、がらスープ、中華だし、醤油を加えて味付け。
出来上がったスープに豆腐を入れ、一煮立ちしたら片栗粉でとろみをつけ、長ネギ、香り付けにごま油を入れて完成。

食べる際に山椒をかけました。

豆腐は絹ごしでもいいんだけど、もめんで作るほうが僕は好きです。

これ、ごはんにかければミクシィの『おなじごはんをつくろうよ』の次のテーマ『どんぶりをつくろうよ』に当てはまるんだけど、今回はパス。別の料理でチャレンジします。




なんじゃこりゃ~!
IB5L0393.jpg

おお~なんともきれいなケーキ……ではありません。

これ、オムライスなんです。

昨日取材した埼玉の洋食店のオムライス。
形が特徴的なので、知ってる方は知ってると思います。

最初、観た時ビックリしました。
そして実際に観て再びビックリ。
これがオムライス!?って感じ。
もうこれは芸術品。

『ドレス・ド・オムライス』という名前で、卵をドレスに見立ててるのだとか。
これ、卵をかき回す箸と、フライパンを逆に回転させて作るのです。スゴイ技です。

このデザインコンセプトがいいんです。
これはドレスを着て踊る少女をイメージにしていて、
卵は少女の纏う黄色いドレス。
トマトは少女の上半身。
スナックいんげんは天にかざした少女の腕。
そしてデミグラスソースは天井から光を浴びて出来る少女の影なんだとか。

粋なことを考えるご主人だなぁと思いました。

味も僕的には満足でした。

ただ、2,000円とちょっと高めなんですが…。
※ちなみに夜だけの限定メニュー

因みに埼玉県の大宮にある『紅亭』というお店です。
大宮に寄った際には一度お試しあれ。


ナスとパプリカ入りチキンカレー
_MG_0765.jpg

mixi内のコミュで、『同じごはんをつくろうよ』というのがあって、そのお題がカレーだったので作りました。

『ナスとパプリカ入りチキンカレー』

これは基本はインド風マイルドなチキンカレーってやつを、
以前本で見て、それの具材は基本的に鶏肉とタマネギだけだったんだけど、
それに他の野菜も入れて作ってみたもの。

◎材料
・鶏肉
・タマネギ
・ナス
・パプリカ
・ジャガイモ
・トマトピューレー
・鷹の爪
・シナモンスティック
・ニンニク
・しょうが
・オリーブオイル
・ローリエ
・ターメリック
・クミン
・カルダモン
・オールスパイス
・ガラムマサラ
・塩
・コショー
・ヨーグルト
・パセリ

◎作り方
フライパンにオリーブオイルと鷹の爪とローリエ、シナモンスティック、ニンニク、しょうが、タマネギのみじん切りを入れ、炒める。
タマネギがあめ色になったら鍋に移し、トマトピューレー、ターメリック、クミン、カルダモン、オールスパイス、ガラムマサラ、塩、コショーを加え、加熱。
スパイスに火が通ったら、水を加え、(あらかじめ軽く炒めておいた)鶏肉を入れて煮る。
鶏肉に十分火が通ったら、下茹でしたじゃがいも、軽く炒めたナス、パプリカを加える。
最後にヨーグルトを入れて、軽く煮込んだら完成。
あと、彩りとしてごはんにパセリを乗せました。

手順が、以前読んだ本と違う気がするんだけど、
あの本(コピーなんだけど)どっかいっちゃったから、
記憶をたよりに作ってます(詳しい人、違ってたら指摘お願いします)。

ちょっと汁気が足りなかったかも。
でも味はバッチリ。インド風だけど、ヨーグルトが入ってるのでマイルドな味です。タマネギの甘味もあるので、味をうまく調節したら、子供でも食べられるかも。


作ってみようかなって人は、辛さはガラムマサラで調節して下さい。
LIVE写真
IB5L0276.jpg

昨日は会社の新人歓迎会があって、会社の地下にあるホールみたいな場所でやったんだけど、それが終わった後、何人かでさらにちょろっと飲んでた。

その時に、じゅんいちと次長とでミニライブ的なものをやってたので、それを観てたらなんか撮りたくなって来て、カメラを持ち出してきて撮った。

それが今回の写真。

いや~こういうのも面白いね。
こういう人物の写真って、一瞬一瞬がその時にしかないものだから、そのチャンスを狙って撮るというのは本当に楽しい。

いつも仕事で撮っている、ライティングを作り込んで、納得いく露出に仕上げるというのも楽しいけどね。

そうそう、この写真、ISO感度1250なんだけど、1D MarkII、高感度のノイズかなり良くなったね。
去年の7月頃、やはり高感度で撮影する機会があって、その時は800を超えるとかなりノイズが気になって、これはこの上は使えないなと思ってたんだけど、前にあったファームウェアのアップデートのおかげで良くなってた。

これからも、こういう機会があったらバシバシ撮ろう♪


鶏肉と野菜の中華炒め
_MG_0728.jpg

これは、大学時代に学校の近くの中華屋であったメニューを真似たもの。
※この中華屋、働いてるおばちゃんがおっちょこちょいで、チャーハンを頼んだ時、定食で用意してあるトレイにそのまま載せちゃって、一緒にご飯がついてきたことがあった。

メニューの名前なんていったかなぁ…忘れちゃった。

材料は
・鶏肉
・にんじん
・ピーマン
・玉ねぎ
・酒
・醤油
・おろしにんにく
・ポン酢
・塩
・コショー
・中華だし
・水溶き片栗粉
・ごま油

これはものすごく簡単。
酒と醤油で下味をつけた鶏肉と野菜を一緒に炒めて(にんじんは下湯でしておく)、
中華だし、ポン酢、塩コショーで味付けをしたら、
最後に水溶き片栗粉を入れてとろ味をつけて完成(香りづけにごま油も少々)。

玉ねぎのシャキシャキ感を若干残すぐらいに炒めると旨い。

興味のある人はお試しあれ。

※ちなみに(←高橋克美?)表面に見える黒い点はコゲではなくて黒コショーです
_MG_0731.jpg


LEXER ImageRescueスゲー!
今日は1件取材があって、出かけてきたんだけど、久々にヘマをやっちまいました。

撮影したデータを、間違って消してしまったのだ!
取材時に、ストロボをセットして、ライティングを確認するために何枚かシャッター切ったんだけど、これでOKとなったところで、そのどうでもいいカットを「いらないな」と思って、カードを初期化してしまった。
だけど、実はそのカードには、その撮影セッティング前に撮ったものが、数点残っていたのだ。

それを、会社戻ってきてから気付いた。

しまった~!! 
やっちまった~!!!

まあ、幸いにも消えてしまったカットはほんの数点で、これがなくても記事にそれほど影響はなかったんだけど、でもうっかり消してしまったことにショック…。

あ~あ、やってしまったものは仕方ないなと思ってたところ、
ふとあるものの存在を思い出した。

あ、イメージレスキュー…!

そうだ、レキサーのメディアを買った時についていたあのソフトを使えば、もしかしたら復活するかもしれない…
と思って、早速試してみた。

全部英語だから、使えるかな~と思ったが、なんとなく分かる単語なので、試しにクリック! クリック! とやってみると、おっ、なんかスキャンを始めたぞ。
そして待つこと数10分……

…すると、

おっお~~~~復活してるぞ~~~~!!!

なんと、無事全て復活させることに成功! 

しかも、復活させたカードって、サンディスク製のSDカードだったんだけど、レキサーじゃないのに全然問題なかった。

さらに、かなり前に撮影したカットも(全部じゃないが)復活してた。

スゴイな、イメージレスキュー!

やるじゃん! 感動…。

大根のそぼろ煮
_MG_0720.jpg

昨日の晩ご飯。
以前も作ったんだけど、その時カメラが家になくて、携帯カメラで撮ったら全然良く撮れなかったので、今回リベンジ。

材料は
・鶏挽き肉
・大根
・チンゲン菜
・こんぶ(ダシ用)
・酒
・醤油
・みりん
・砂糖
・片栗粉

鶏挽き肉を炒めた鍋の中に大根、こんぶ、水、酒、砂糖、みりん、醤油を入れて煮て、大根がやわらかくなったらこんぶを取り出し、チンゲン菜を加え、最後に片栗粉を入れて完成。

大根ではなく、かぶを使っても旨い(チンゲン菜の代わりにかぶの葉でもOK)。
人参なんかを入れてもGood。

鶏肉とこんぶでダシが出るから、ダシ汁もいらないし、結構簡単にできる。

「和だねぇ~」って感じのあっさりした味で、なかなか旨いよ。

_MG_0722.jpg


F1スペインGP
mclRai.SPAb.jpg

F1スペインGP決勝。
全66周の結果は以下の通り。
1. K.ライコネン(Mclaren)
2. F.アロンソ(Renault)
3. J.トゥルーリ (TOYOTA)
4. R.シューマッハー(TOYOTA)
5. G.フィジケラ(Renault)
6. M.ウェーバー(Williams)
7. J.モントーヤ (Mclaren) ※1Lap
8. D.クルサード(Redbull) ※1Lap
9. R.バリチェロ(Ferrari) ※1Lap
10.N.ハイドフェルド(Williams) ※1Lap
11.F.マッサ(Sauber) ※DNF
12.T.モンテイロ(Jordan) ※3Lap
13.N.カーティケイヤン(Jordan) ※3Lap
--------------------------------------------------------- 
リタイア
  J.ビルヌーブ(Sauber) 51周
  M.シューマッハー(Ferrari) 46周
  C.アルバース(Minardi) 19周
  P.フリーザッハー(Minardi) 11周
  V.リウッツィ(Redbull) 9周


ストップ・ザ・ルノーを成し得たのは、フェラーリではなくマクラーレンだった。

マクラーレンのキミ・ライコネンが、ポールから危なげなくレースをこなし、今季初優勝。
ライコネンはスタートから飛ばしに飛ばし、他とは違う異次元の速さ。最後には2位アロンソに27秒もの差をつけてフィニッシュ(実は1回目のピットイン後、エンジン回転数が上がらないトラブルがあったらしい。でも見た目には全く問題なかった)。ライコネンはポールスタート時に優勝できないというジンクスもこれで破ったことに。

予選3位スタートの地元アロンソは、スタートで予選2位のウエーバーをかわして2位に浮上すると、左リアタイヤにブリスターが発生するというトラブルで、序盤思ったようなペースがあげられなかったものの、最終的には2位を死守。ペースをコントロールしてブリスター問題をクリアするなど(プラスフロントウイング調整)、やはりアロンソはクレバーで強い。

今回はトヨタも調子が良かった。
今回もまた新たな空力パーツを投入してきたトヨタは、やはりストレートスピードはそれほどでもなかったが(最高速は日曜予選時でラルフ316.8km、トゥルーリ314.5km 因みにトップはアルバースの322.2km)、各セクタータイムでは上位につけ、ダウンフォースの多いコーナリングマシンに仕上げてきた。結果はトゥルーリ3位、ラルフ4位だが、決勝ペースはラルフのほうが速く、ラルフもようやく調子が出てきた感じ。トゥルーリは1回目のピットストップの際に、ガソリンが少量漏れて発火というヒヤリとさせる場面もあったが、それ以外はさほど問題なく、うしろから突付くラルフを見事押さえ切った。トゥルーリは気分屋みたいなところがあると思うが、今のように全てが上手くいっている時の彼は、本当にいい仕事をすると思う。

また、今回はフィジケラも頑張った。途中まではアロンソよりもペースも速く、ライコネンまでは届かないものの、ノーズ交換という問題さえなければ、2位はいけるかというペースだった。
ノーズ交換に手間取った時は、「まただ…何でフィジケラにばかり」と思ってしまったが、終盤にストレートエンドでウエーバーをズバっと抜き去ったあの鮮やかな走りは、本当に見応えがあった。


前回大活躍したシューマッハー(Ferrari)は、今回は散々だった。
満タン状態でスタートし、レースのちょうど折り返しの32周目にピットイン(厳密には1周少ないが)、ここでトヨタの前に出るために2ストップに変更したが、それでも1次的には2位まで浮上。これは前回イモラのように見せ場を作ってくれるかという期待を抱かせたが、45周目に左リアタイヤがパンクし緊急ピットイン、しかもそのピットアウト直後に今度は左フロントまでがパンク! パンクした場所が1コーナー付近だったから、結局スローペースのまま1周走るしかなく、あえなくリタイアすることに。
ここは左側のタイヤにきついコースレイアウトだが、2本ともパンクというのは異常だ。運が悪いのか、タイヤに問題があったのか、とにかく貴重なポイントを失った。
しかし、レース中のベスト1分15秒648は、最終的にファステストを出したフィジケラの1分15秒641に次ぐ2位。タイヤのパフォーマンスさえあがれば、まだまだ戦えるマシンだと思う。フェラーリはかなり大きな燃料タンクを持っていることが判明したから、予選でイマイチの結果しか望めない場合、これからも重めでスタートして、みんなよりピットストップを遅らせ、その間に飛ばすという作戦を取ってくると思う。シューマッハーのベストタイムはピットストップ前の31周目に出しているから、みんながピットインしたあたりの空タンに近い状態では速く走れるということ。
今後の課題は、予選で少しでも前に出るために、重めでも速く走れるタイヤをブリヂストンが開発できるかにかかってくる。

バリチェロは今回、ほとんど単独走行で、結果は9位でノーポイント。タイヤはそこそこ良かったらしいが、マシンバランスは満足いくものではなかったらしく、我慢のレースだった。フェラーリは、このバリチェロがポイントを獲れるようにならないとランキング上位進出は難しいのだから、バリチェロにも合うセッティングを速く見つけ出して欲しい。

結果的に良かったのはクルサード。レース中はブレーキングでタイヤにフラットスポットを作ってしまったらしく、バイブレーションがひどかったらしいが、またしてもポイント獲得。これでレッドブルは総合14点獲得で現在6位。ウイリアムズが今季今ひとつなので、今後もっと頑張ればさらに上を狙えるかもしれない。

そのウイリアムズは、ハイドフェルドは今回エンジンを2回交換したので20番グリッド降格のために最後尾スタート。ウエーバーは予選では2位につけたが(1番最初にピットに入ったところをみると結局は軽かったから?)、レースでは2回ピットストップに変更したために重くなったのがあだとなり、左フロントタイヤもずるずる状態で、ペースがあがらず、終盤にはフィジケラに抜かれて5位を失うという、あまりいいところなし。最後尾から10位まであがってきたハイドフェルドのほうが良かったといえるが、それでも10位ではノーポイントだ。
ウイリアムズは、ミシュランやBMWとの不仲が囁かれているが、それも影響しているのだろうか。


しかし、マクラーレンは本当に速くなった。前回も速かったが、ここにきてさらに速さに磨きがかかった感じ。僚友モントーヤも、すったもんだで結果は7位だったが、ライコネンと遜色ないタイムで走行していたので、これはマクラーレンは今後、他チームにとってかなり手強い相手になっただろう。

次回は伝統のモンテカルロ市街地コース。ダウンフォースもめいっぱいつけ、車高からその他のセッティングから、ここスペインとは全く違ったものになるから、どのマシンが本当に速いかはまだ分からないが、恐らくマクラーレン、ルノーは速いはず。コーナリングマシンと化しているトヨタもきっと速いだろう。フェラーリもなんとか復調して、優勝争いに絡んで欲しい。
※ここにBARも入っていると面白いのだが…。

次は5月22日、モナコGP!


賞金50万!
_MG_0711.jpg

昨日のパスタ対決の時に使ったブロッコリーが余ってたので、
またまたパスタ作っちゃいました。

『ブロッコリーとピーマンのペペロンチーノ』

なんか見た目ちょっと昨日のに似てる。

これもパスタ本を参考にして作ったんだけど(ピーマンは勝手に足した)トマトが入ってないけど、作り方は昨日のとほとんど一緒だったから、昨日のもペペロンチーノ的パスタだったんだな。

写真、最初は撮るつもりなかったけど、完成したら撮っておきたくなっちゃって、一応撮りました。
でも昨日ほど力いれてません(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話は変わって、今日は知り合いが経営している美容室で、カットモデルの撮影をしてきました。

なんか雑誌主催のコンテストに応募するらしくて、
優勝すると、賞金50万円!

最終候補に選ばれたら、その雑誌で契約しているカメラマンが、スタジオで撮影するらしいんだけど、やっぱり選考段階の写真も重要だよっていうので、気合い入れて撮りました。

美容室の一角にスカイ、バックライト、キャッチライト用のアンブレラ、そして左右(一つは美容室の白壁を利用)、下からレフをあてて、一応スタジオのようなセット組んで撮ったので、僕なりにいい写真が撮れたかなって気はする。

でもこればっかりは審査員が決めることだからね。
しかも判断基準の一番の要素は髪型とカラーだし。

まあ、ダメもとで結果を楽しみにしてます。

※写真、本当はUPしたいんだけど、モデルさんは素人の方だし、勝手に載せちゃ問題あるからできません。


そうそう、今回の撮影、基本はデジタルで撮ったんだけど、抑えとして、一応フィルムでも撮りました。
EOS-3久々に使った~。あのシャッター音が懐かしかった。
恋におちたら…夢で逢いましょう
_MG_0701.jpg

本来は昨日書くべきネタかもしれないが…

木曜やってるドラマ
TBS夜9時『夢で逢いましょう』
CX夜10時 『恋におちたら』

HDDに溜め込んであるドラマをこのGWを使って観た。

同じ木曜日にやってるこの2つのドラマ、ITを物語の中に織り込んである(『夢で逢いましょう』は今後の展開ではもうないかもしれないが)。

これ、絶対ライブドアを参考にしてるよね。

成功の秘訣的な本を数多く出版してる所とか(『夢で逢いましょう』)、買収を重ねて企業を大きくしてきた所とか(『恋におちたら』)、ドラマではサッカーチームになってたが、スポーツチームを買収してネットでその模様を配信してるとか(『恋におちたら』 この辺は楽天やソフトバンクも参考になってるかも)。
どちらもなにげに見続けてるけど、フジの『恋におちたら』のほうが、他者を取り込むのは、金ではなく当事者の人柄がものを言うという部分に主点を置いているところが、敵対的買収で痛い目にあったフジらしいというか、ちょっと面白い(まあ、この展開は誰でも思いつく内容だと思うけど)。

最近、このライブドアらしきものを参考にしてるものって多いよね。この2つのドラマ以外にも、漫画でもこのM&Aを取り上げてるものを見かけたし、本当に多い。
まあ、それだけ世間が関心ある事柄なのかなって思うけど。
でもねぇ…他にネタはないのかい!って思ったりもする。

まぁどうでもいいな。


話は変わって、今日は友達3人と北千住で飲んできた。

いつも行っている串カツ屋に最初に行って、その後、別の飲み屋に入ったんだけど、その2件目で焼酎のボトルを注文。だけど3人で全部空けちゃった。俺ら割と飲むほうだから、それぞれでチマチマと1杯ずつ注文するより、ボトルのほうが安上がりたってのが分かった(これは友達の1人がそう言ったので、そうしたんだけど)。
これからは、ボトル注文出来る店が狙いだな。

しかし、今日の飲みは、大学時代の後輩から飲みたいって連絡が入ったから、飲みに行ったんだけど、呼び出した当人は結局来なかった。連絡入れても電話に出ず。メールも返信なし。

なんだそれ。あいつのそういう性格は昔から分かってるけどさ、でもそんなことじゃ友達なくすぞ(まあ、ここで書いても仕方ないけど)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真は飲みということで、先日の晩に飲んだ日本酒をメインにしたもので。
奥に見えるのは、その日のおかずに作った筑前煮。
GW特別企画『パスタ対決!』
IB5L9884.jpg

ウチの編集部でひそかに(しかも熱く)始まったゴールデンウィーク中にパスタを作るという対決企画。

どうだー!!って感じで僕も作ってみた。

『ブロッコリーと生トマトのパスタ』

じゅんいちから借りたパスタ本を参考に作ってみたよ。
ブロッコリーが溶けるぐらいに茹でてあるから、ソースと絡んで見た目もなかなか。

パスタをちゃんと作ったのは初めてだけど(いつもはレトルト)、
案外見た目良さげに出来たんじゃないかな。

味付けは基本的に塩だけと書いてあったので、どんな味になるんだろと思ったが(でもコショーは勝手に足した)、トマトの酸味とブロッコリーの甘み、そしてニンニクとオリーブオイル、鷹の爪の辛さがアクセントになって、結構いい味だった。

パスタは見栄えがいいから写真には最適だね。

さ、これから友達と飲みに行くため出かけようっと。
ネイチャーいろいろ
IB5L9760.jpg

今日は近所の公園に出かけて、パシャパシャといろいろ撮ってきた。

かなりいい天気だったので、景色は最高だったんだけど、
う~む…難しいな。

でもいろいろ撮ってきたので、少しばかりUPしてみました。

IB5L9731.jpg

ちっちゃいけど、滝。周りの緑もきれいだったのでそれと合わせて。



IB5L9747.jpg

まるで「わーいわーい」ってバンザイして楽しんでいるかのようなツツジ(恐らく)の葉。

IB5L9780.jpg

花びらが見切れちゃったけど、白いツツジ(多分)。

IB5L9782.jpg

種がすっかり飛んでしまったタンポポと、いっぱい種をつけたタンポポ。


IB5L9841b.jpg

公園の池に映る夕日とだんだんと暮れていく空。

IB5L9846.jpg

夕日を挟んで話しかけるように立つ木。

いやいやいや、こういう写真も奥が深いわ。
もっと勉強します…。

話変わるけど、明日はパスタバトルに参戦する予定。

枝豆のポタージュ
IB5L9715.jpg

昨日は、ちょっと凝った料理を作ってみた。
というのも、前から欲しいと思っていたミキサーをゲットしたから(980円。安!)。

凝ったといっても、そんなに難しくない。
ジャガイモと玉ねぎをバターとオリーブオイルで炒めて、
火が通ったらコンソメと一緒に煮る。
材料がやわらかくなったら、
枝豆と一緒にミキサーに入れ、牛乳を加えてスイッチオン!
材料が混ざったら鍋に戻し、塩コショーで味を整えて完成。

簡単でしょ。ミキサーがあれば誰でも作れる。
裏ごしとかするともっといいけど、そんな手間はかけません。
面倒だし。

ミキサーのある人は一度お試しあれ。

青椒肉絲もどき
_MG_0647.jpg

昨日は結婚式の二次会があって、カメラを持って撮影をしてきたんだけど、あまりうまく撮れなかったな…失敗。
室内がかなり暗かったというのもあるけど、露出を考えすぎてシャッターを遅くしすぎた。
あとで直すことを前提にかなりアンダーになっても気にせず撮れば良かったよ。

これもまた勉強だな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話は変わって、昨日の『チューボーですよ』に、以前取材した『パティシェ・イナムラショウゾウ』が巨匠として出ていた。
取材時、洋菓子屋なのにホテルのドアマンみたいな人がいて、
「変わった店だなあ。店のドアを開けたり駐車場へ案内するだけの人をわざわざ雇ってるんだ。やっぱ売れてる店は違うねぇ」
なんて思ってたんだけど、昨日のTVを観てると、新人パティシェが、服を着替えてあれをやってるらしい。
ということは、取材時のあの人も、新人パティシェだったんだな。
まぁ、どうでもいい話なんだけど。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

またまた話は変わって、これが今回のタイトルの話だけど、
写真は昨日の昼に作ったおかずです。
もどきと書いてあるのは、タケノコの代わりにジャガイモを使ったから。
僕の場合、中華を作る時、ジャガイモはタケノコ代わりによく使います。食感は全然違うけどね。でもこれはこれで旨いので。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。