にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 車ブログへ 新タブログイド 2006年07月
新タブログイド
Haneumaのローカル日記・記事・撮影写真など
写真素材 PIXTA

プロフィール

Haneuma

  • Author:Haneuma
  • フリーカメラマンとして働いている39歳。
    インタビューカット、メニュー料理写真、企業取材ほか何でもこなします。

    趣味はモータースポーツ観戦。特にF1大好き(特にフェラーリ好き)。
    音楽ではモトリークルーとか、AC/DCとか、GUNS'N'ROSESとか、ちょっと前のハードロックが好きです。
    邦楽アーティストならB'z好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1ドイツGP
フェラーリ完勝! ホッケンハイムで行われたF1ドイツGPは、フェラーリのミハエル・シューマッハーが完璧な走りで優勝。シューマッハーはUSGPから3連勝。2位にはチーム・メイトのフェリペ・マッサが入り、フェラーリはワンツーを達成! 3位にマクラーレンのキミ・ライコネン。4位にホンダのジェンソン・バトン。ルノー勢は5位アロンソ、6位フィジケラ。注目のスーパーアグリ勢は、共にリタイアだった。

予選で圧倒的な速さでポールを獲得したマクラーレンのライコネンは、やはり燃料が軽かった。わずか9周で早くも1回目のピットイン。これにより、フェラーリは早くもワンツー体制。その後は他とは全く違う異次元の速さで、2回のピットストップの間も一度もポジションを明け渡す事なく、完璧な勝利だった。
インディアナポリスから、本当にブリヂストンタイヤは素晴らしいと思う。今回のこのハイペースも、マシンセッティングだけでなく、このブリヂストンタイヤが大きく貢献していると思う。

一方のルノー勢は、予選から全く精彩を欠く走りで、この決勝でも全くペースが上がらず、苦しい走り。バトンとライコネンには全く追いつけず、ウエーバーにもやられるという状況。今回からノーズ内にスプリングを介したウエイトを設置して、フロントのピッチングを抑えたり、タイヤの設置面を安定させる働きがあると言われる『マス・ダンパー』が禁止されたが、これを昨年から付けているルノーは、これが禁止されたことによるダメージが大きかったのか、それとも今回選んだミシュランのタイヤがマシンにマッチしなかったか。

これで1位アロンソと2位シューマッハーとのポイント差は11点。残り6戦で、シューマッハーが全勝すれば、たとえアロンソが2位に入っても、1ポイント差で逆転することが可能に。ついにシューマッハーの自力優勝の芽が復活した!

これで残りのシーズン、さらに面白くなってきた!!




スポンサーサイト
F1USGP
昨日行われたUSGP。アロンソの連勝を止めたのは、やはりシューマッハー! しかもシュー&マッサのワンツーで、フェラーリ&ブリヂストン快心の勝利!!
フェラーリのワンツーは去年のUSGP以来だが、実質的なワンツーといえば、2004年のイタリアGP以来!(さらにシューマッハー優勝でということなら、2004年ドイツGP以来!)

しかも今回は、アロンソが5位というのが良かった。願わくば、ラルフのリタイアがなく、アロンソ6位というのが望ましかったが、これで前回よりも6点縮まってその差は19ポイント。20点以内の19点というのが大きい。その差が20点以上というのと、20点以内というのでは、精神的にも違ってくる。

あと19点差ということは、今後もしシューマッハーが全部勝てたと仮定して、あと2回フェラーリのワンツーを達成できれば、たとえアロンソが他2位に入ったとしても、1ポイント差で勝てる。その意味でも、今回のマッサの働きはフェラーリにとって大きい。
まだまだ厳しい状況は変わらないが、これで前回よりも望みが見えてきた。

問題は、ここインディがブリヂストンにかなり有利なサーキットで、次回以降のヨーロッパラウンドで、ミシュランとの差をどれだけ詰められているかということ。これでまたヨーロッパに戻って、「ミシュランにあっさりやられました」じゃ意味がない。タイヤの性能がタイトルの行方を大きく左右する可能性があるだけに、ブリヂストンにはぜひとも頑張ってもらいたい。

次はフランス、マニ-クール。路面がフラットで、柔らかいタイヤを持ち込んでくることが予想されるだけに、これまでの展開だとちょっと不安だが、ストレートスピードの速さを活かせるサーキットだけに、次回も期待したい。

次は7月16日、フランスGP!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。