にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 車ブログへ 新タブログイド 2007年06月
新タブログイド
Haneumaのローカル日記・記事・撮影写真など
写真素材 PIXTA

プロフィール

Haneuma

  • Author:Haneuma
  • フリーカメラマンとして働いている39歳。
    インタビューカット、メニュー料理写真、企業取材ほか何でもこなします。

    趣味はモータースポーツ観戦。特にF1大好き(特にフェラーリ好き)。
    音楽ではモトリークルーとか、AC/DCとか、GUNS'N'ROSESとか、ちょっと前のハードロックが好きです。
    邦楽アーティストならB'z好き。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトとナスの玉子炒め
_B5L2570.jpg


昨日の晩ご飯に作りました。

これ、基本は、上海帰りの会社の後輩から教わった『ファン チエ ツァオ タン』(トマトと玉子の炒め物)。それにナスとピーマンを入れてみました。

◎材料
・トマト(中1個)
・玉子(2個)
・ナス(中1個)
・ピーマン(1個)
・塩
・コショウ
・味の素
・紹興酒
・ごま油

最初に玉子を軽く炒めて、皿に移して置いておき、新しく油をひいたフライパンにナス、ピーマンを入れて炒め、それぞれに火が通ったらざく切りにしたトマト投入。そこへ紹興酒、塩、コショウで味付け、最後に玉子を戻し入れ、味の素で味を整え、香り付けにごま油を少し絡めて完成。

ちょっと玉子に火が通り過ぎた感ありだけど、トマトの酸味、ナスの食感と食欲をそそり、なかなかおいしい料理です。

簡単なので、ぜひお試しあれ♪

スポンサーサイト
めかじきと夏野菜のパスタ
_B5L2526.jpg


土曜日にめかじきの切り身を買ってきたので、ちょっと凝ったパスタに挑戦してみました。

◎材料
・めかじき
・ナス
・プチトマト
・ブロッコリー
・オイーブオイル
・にんにく
・赤唐辛子
・塩
・コショウ
・味の素
・小麦粉
・パスタ

めかじきは塩・コショウをして下味をつけ、小麦粉をまぶしてオリーブオイルを薄くひいたフライパンで焼きます。
火が通ったら、一旦取り出し、そこへオリーブオイルを足して、包丁の腹でつぶしたにんにく、赤唐辛子を入れ、オリーブオイルににんにくの香りと唐辛子の辛味が移ったら、ナスを炒めます。ナスに火が通ったら、プチトマトを入れ、軽く全体に塩コショウ、味の素で味付け。
そこへ茹でたパスタとブロッコリーを投入し、ブロッコリーを崩すようにしながら全体を絡ませたら出来上がり♪(最後にオリーブオイルを全体にかけるとよりGood!)

_B5L2531.jpg


見た目わりとトマトが主張しちゃったんですが、今回の主役はめかじき。臭みもなく、いい感じに出来上がりました。

ちょっと手間ですが、比較的簡単ですので、ぜひおためしあれ☆
F1カナダGP
463311148_165.jpg



ハミルトン初優勝!

セーフティカー4回出動、完走台数12台という久々の波乱の展開を制したのは、マクラーレンのルーキー、ルイス・ハミルトン!

いや~開幕からこれまで、全戦表彰台、前回モナコでもあわよくば勝てたという展開だったので、今更それほど驚きもしないが、やっぱりこの新人は凄い。
ルーキーの初優勝は、近年では、96年、ジャック・ビルヌーブの4戦目というのがあったけれども、CARTで活躍していたビルヌーブと違って、ハミルトンはGP2が最高クラスであって、トップクラスのフォーミュラでの経験は、今年のF1が初めて。しかも彼は、新人にありがちなミスがほとんどといってない。唯一あったのは、モナコのFP2での1コーナークラッシュぐらい。
まあ、今年のマクラーレンのマシン、MP4-22は優れたマシンだし、今回の優勝も、ハミルトン自身はあまりプレッシャーをかけられるような展開にはならなかったので、比較的楽に勝てたのかもしれないけど、それでもセーフティカーが何度も入り、せっかくのマージンが削られたりしたら、やはり焦るドライバーもいるだろうし、ピットイン、アウトのタイミングなどでミスを犯したりしてしまうかもしれない(実際、今回はマッサとフィジケラがピットアウトの際に信号無視して失格)。

本当にこのハミルトンは冷静だなと改めて思った。

そしてヘルメットを似せてるってのもあるが、今回優勝したハミルトンの姿は、一瞬セナがかぶった。

一方、チャンピオン、アロンソは何度もコースアウトした挙げ句、セーフティカーの新ルールのためにペナルティを受けてトップ争いから脱落と、ツキにも見放された。
単に運がなかったとも言えなくもないが、アロンソは、バリチェロのように、意外と精神的にモロいのかなと思ってみたり。本当のところは分からないが、今のマクラーレンのチーム体制は、実質ハミルトン寄りになっているとも聞くし。そうなっていなくても、アロンソ自身がそう感じてしまったのなら、100%レースに集中できないのかもしれない。

まあ、それくらいで駄目になるようじゃいけないんだけど。

今回は、2位ハイドフェルド、3位ブルツと、いつもとは違う顔ぶれの表彰台となったのも面白かった。ハイドフェルドのBMWザウバーは、これまでの勢いから、表彰台に上がってもおかしくない活躍を見せていたけど、ブルツのウイリアイムズは、2005年ヨーロッパGP以来の表彰台(ちなみにその時の表彰台はハイドフェルド)。昨年、まったくのダメシーズンを送っただけに、この名門の表彰台は久々にいいものを見た。ただ、今後またいけるかというと、それはまだまだ難しいと思うけど。

463311148_221.jpg





そして今回、もうひとつ特筆したいのは、スーパーアグリの佐藤琢磨6位入賞! 前々回スペインで8位入賞して1ポイントゲットしたけど、6位といえば、現行ポイントルールになる以前のポイント最低ライン。これこそ価値ある入賞!
しかも今回は、終盤、ラルフ、アロンソを立て続けにオーバーテイクしての6位。タイヤが旨い事ハード側を履けていたというラッキーな局面もあったけど、あのアロンソをぶち抜いたというのが凄かった。しかも一歩間違えればコンクリートウォールにクラッシュという危険な最終シケイン手前で。
インからでなく、アウトから仕掛けたってのも凄かった。

スーパーアグリは今回、せっかく持ってきた新しいリヤウイングが使い物にならなかったらしく、古いウイングを付けてレースに臨んだらしいけど、ああしてストレートでオーバーテイク出来たってとこみると、今回のセッティングでは、それで結果オーライだったのかな。

しかし、フェラーリ勢はホントに今回ダメダメだった。来週インディまで日がないから、ここで調子悪いってことは、またマクラーレンに持っていかれるんじゃないの? とちと不安。
トマトと青野菜のペペロンチーノ
_B5L2054.jpg


最近、お金がないのでパスタばっかり食べてます。

今日作ったのも、冷蔵庫にあったもので。

◎材料
・パスタ
・プチトマト
・キャベツ
・ほうれんそう
・たまねぎ
・にんにく
・赤唐辛子
・塩
・コショウ
・ゆずポン酢
・オリーブオイル

パスタを茹でている間に、フライパンにオリーブオイルと包丁の腹でつぶしたにんにく、赤唐辛子を入れ、中火にして油ににんにくの香りと唐辛子の辛味をつけます。
そこに下茹でしたキャベツ、たまねぎ、ほうれんそう、プチトマトを入れて炒め、塩コショウ、少量のゆずポン酢で味付け(味の濃さは茹でるパスタの塩加減との兼ね合いを考えて)。
そこへ茹であがったパスタを加え、さっとからめて出来上がり。
※仕上げに上からオリーブオイルをかけるとさらにおいしくなります。あと、写真は上から黒コショウをかけてます。

生も旨いけど、さっと火を通したトマトはホント旨いですね。

給料日までまだまだパスタの日々が続きそう。なんとかがんばろう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。